外為オンライン
TOP 勧誘方針 個人情報の保護 会社概要 開示情報 採用情報   サイトマップ
FXの外為オンライン URL変更のお知らせ
システムインフラ
   お客様に最適な環境でのお取引を行って頂くため、またその環境を常に維持するため、お客様の口座数・お取引の量の拡大を上回ることを基準にシステムの強化に努めさせて頂いております。
システム拡張の基本方針は、従来の『ビルドアップ手法等によるスケールアップ方式』ではなく『スケールアウト方式』を採用しております。
簡単に言えば、『サーバー群を並列に並べて、大量のお取引データに対する処理の負荷を分散させる』という方式になります。
システムの拡張においては、最も短時間で安全性の高い方式になりますので、お客様への影響も限りなくゼロに近づけることが可能です。
また、負荷状況においても、ピーク時の通常稼動実現を想定し、通常時は極力低い負荷レベルを実現させることもシステム設備に対する前提条件としています。
その結果、常に変化するお客様のお取引量に対し、より快適で安定したレスポンスのシステムをご提供するため、当社におけるシステムの構成図は、下図のようになっております。

現在の主なポイントと致しましては、
・BGP対応ギガビットの通信回線(現状ピーク時使用量60MBPS程度)
・DBサーバーは24WayHA構成(合計48Way)(さらに来3月には64Wayを予定)
・システム全体の合計CPU数は150CPU
・6.57テラバイトのストレージシステム
等を実現し、取引高換算では業界随一の圧倒的なトランザクション量を、ごく短時間に処理しております。
いずれも業界最大規模を実装するに至り、平常時の負荷計測においては、10%程度にて稼動しております。
  (2007年12月時点のシステム構成図)
  
  →構成図の拡大はこちら
TOP 勧誘方針 個人情報の保護 会社概要 開示情報     サイトマップ